中国健康食品市場の現状と最新政策セミナー

日本と同様に中国も高齢化社会に突入しています。2012年にはすでに60歳以上の人口が2億人を超えました。中国老齢委員会弁公室の予測によると2020年には中国の60歳以上の高齢者人口は2億5,000万人に達することが見込まれています。

そこで、主な消費者が中高年層といわれている中国の健康食品市場ではビタミン、タンパク質、カルシウムなどの製品が業界の主流でありました。社会の発展に伴い、若者および中年層の仕事によるストレスが増加し、生活および飲食習慣の変化もあり、多くの若者および中年層が亜健康状態(記憶力低下、免疫力低下、疲れやすい、肥満、脂肪肝など)に陥っています。これら亜健康状態にある人々が健康食品業界の新たな主要ターゲットとなっています。そのマーケット規模は何兆円にもなると言われています。

本セミナーでは中国健康食品市場の現状と最新政策を紹介するとともに、上海最大な公的商工組織である上海企業聯合会についてご紹介します。

主催:上海企業聯合会(日本側窓口 株式会社CCN)
講師:株式会社CCN 代表取締役 常春(つねはる)氏
●日時 2018年2月26日(月)14:00~15:30
●場所 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)1008室
●定員 40名(定員に達し次第締め切ります)
●参加費 無料
●申込み 下記申込書にご記入の上FAXあるいはE-Mailにてお申し込みください。
●お問合せ 株式会社CCN:常
TEL:0569-89-7841 FAX:0569-89-7872
E-Mail : info@ccnet.jp

中国健康食品市場の現状と最新政策セミナー申込書


中国健康食品市場の現状と最新政策セミナー申込書 ダウンロード